HOME > ひかりブログ > ひかり健康情報 > なぜ台風が近づくと、こうなるのか...という話

ひかりブログ

< 夏の入浴ポイント  |  一覧へ戻る  |  大盛況な夏のLaQ >

なぜ台風が近づくと、こうなるのか...という話

こんばんは!


自律神経を整える整体が人気な
大阪狭山市の、ひかり鍼灸整骨院

スタッフの東膳ですhappy01


今日は台風の影響で凄い天気ですねtyphoon

当院もさすがに今日は暇です。


という事でタイムリーに台風や悪天候が
心身に与える影響について書いていきます。


まず1つ目

天気が悪くなると頭痛やめまいが起きたり
古傷が痛む、体がダルくなる
と言う事が、よく起こります。


これは、気圧の変化、特に低気圧
が原因でおこりますcoldsweats02


ヒトの自律神経には

交感神経⇒
体が活動する際に優位に働く神経

副交感神経⇒
体が休まる際に優位に働く神経

が有り、気圧が低くなると
この副交感神経が優位に働いて
体を休ませようという働きや
鈍い痛みを感じさせやすくしますdespair


すると上記のような症状が
出やすくなるんですね。


特に、疲れが取れてない方や
体が弱ってる方には出やすいので

体のサインに耳を傾けてみて
こんな時くらいはゆっくり休んでみるのも
良いかもしれませんconfident


ただ中には、強風、大雨、大雪の時に
なぜかワクワクしてしまう
という方が居ますdanger


これにも実は理由があるので
こう思った事有るんやけど
不謹慎と思ってずっと黙ってました…

というアナタ!!

安心して下さいcatface


ヒトには本来、防衛本能や危険回避能力
といった野性的な感覚があります。


この本能は、強烈な悪天候に対して
生命の危険が及んだ時にすぐ動けるように
準備をするそうですcoldsweats02

それがワクワクするような興奮状態に
なるんですね!


悪天候はまだ続きそうですが
うっかり外出してケガ等されない様に
気をつけてくださいbearing


今日も最後まで読んで頂き
ありがとうございましたdelicious


カテゴリ:

< 夏の入浴ポイント  |  一覧へ戻る  |  大盛況な夏のLaQ >

同じカテゴリの記事

夏の入浴ポイント

こんにちは(^-^)


自律神経を整える整体が人気な
大阪狭山市の、ひかり鍼灸整骨院

スタッフの東膳ですhappy01


前回は、夏でも入浴が必要な理由と
そのチェックリストを書かせて頂きましたが

あなたは、いくつ当てはまりましたか?


前回のん見てない!
という方は、ぜひ見て頂けたらと思いますconfident


今日は、前回お伝えした内容に続き

『夏の入浴ポイント』

について、書いていきます。


これにも色々なポイントが有るのですが


まずは
温度です。


これは39~40度
おススメしています。


夏でもしっかり温まらないと!

と42~45度くらいのお湯に浸かってる方
もおられますが、これは内臓まで温める
という点で見ると実は微妙なんです…


焼肉をイメージしてもらうと解りやすいですが

分厚いお肉を強火で焼くと
外は焦げ目が付きますが中は生ですよね?

はい、美味しそう!!

という話ではなくて(笑)


熱いお湯に浸かっても内臓まで温まる前に
上がってしまうと、温もった感じだけになります。

熱いお湯に、長時間(15分以上)浸かれて
内臓まで温まったとしても、表面が熱く
なり過ぎると、軽度の火傷や、脱水になる等
別の問題がでてきます。


焼き過ぎてカチカチに焦げたお肉をイメージ
してもらうと解りやすいかもしれませんdanger



続いて、浸かり方です。


温まる為には、しっかり肩まで!

と子供の頃にはよく言われましたが
こう暑いと、それが厳しい人も
居るかと思います。


夏でも肩まで浸かれるなら、それも良い
ですが、どうしても辛いようなら
おへその上、みぞおち辺りまで浸かる
半身浴がおススメです。


最初はしんどいかもしれませんが
時間は20~30分を目標に
取り組んでみて下さい。


慣れるまでは、後半は足湯にする
飲み物を持って入る
本や、スマホ等を持って入る

等、工夫してみて下さい。


お風呂上がりは、汗が止まらないcoldsweats02

となり易いので、上がり湯をする時に
ぬるま湯や、少し冷たい位の温度で
シャワーをして、表面の熱だけを
取る様にしてみてください


注意点としては、
20分~30分と書いてるからと
我慢して無理に浸からない事です。

慣れない間は少しずつゆっくりと
時間を延ばしていきましょうwink

入浴後に逆上せてクラクラする…
となっていると、やり過ぎですので
ご注意をshock



以上が、入浴のポイントになります。


ぜひ、実践してみてくださいwink



今日も最後まで読んで頂いて
有り難うございましたconfident












夏でも入浴が必要な理由

おはようございます!

自律神経を整える整体が好評な
大阪狭山市の、ひかり鍼灸整骨院

スタッフの東膳ですhappy01


暑さも本格的になってきましたね!

夏でもしっかり入浴しましょう!
と、巷では言いますが
ついついシャワーだけで済ませてしまう
という方も居るのではないかと思いますcatface



当院でも、よく患者さんに
湯船に浸かった方が良いですよ~
と、お伝えします。


そりゃ皆浸かった方が良いのですが、
当院でも、誰にでも言う訳ではありません。


きっと、自分も言われた事あるけど
何でやったかな?と思ってる方も
居るでしょう!


ということで、どんな方にお伝えしてるのか、
後半にチェック項目も挙げますので、

自分はどうかなーと思いながら
読んで頂けたらと思います。


まずは、どんな人が特に湯船に浸かる方が
良いのか、どんな人にお伝えしてるのか、ですが

この季節に一番問題として多いのが


体が冷えてる人

ですsad


夏の体は、体内の熱を外に出す働きと
同時に外の冷気を体に取り込んで
体を冷やそうとします。


ところが今は、空調の整った所で仕事や家事を
されてる方が多いですよね。

学校の教室にも冷房が付いてるくらいです。

まあ最高気温が35度ってなると、
無理もないですけどね…


空調が整っていても、体は熱を外に出して
冷気を体に取り込みます。


それが続くと、体が冷え切って自律神経が崩れ
汗をかきにくい、肌があれてきた、便秘気味…

と、なってくるわけですbearing


ちょっと朝冷房を入れないで家事や支度をする
温かい物を食べるくらいでは、追いつきません。


ただ、毎日炎天下で仕事をしてる人でも
湯船に浸かった方が良い人はいます。

今まさに当院の前で工事を頑張っている
人の中にも、湯船に浸かった方が良い方も
いるはずです!


日中ずっと汗をかいて、体が冷える場面なんて
無さそうですよね?

その通り、体が冷えてる人は少ないでしょう。


ですが、日中暑いからといって


氷が浮いてキンキンに冷えた炭酸飲料
夏と言えばビール
アイスクリーム


等、冷たい物を多く摂りますよね?


糖分や麦には、体を冷やす作用があり
とり過ぎる事で、内臓を冷やします。


体は熱いけど内臓は冷える。

すると機能が低下した内臓が原因で
『夏バテ』になります。

頭痛や腰痛を併発する人も多いです。


ただ、これらを飲む事が悪いのではなく
飲みすぎる事が悪い

という事を、心に留めておいて下さいdanger


最後に、自分で出来るチェックリストです。

  • 毎日空調が効いている所に4時間以上いる
  • 糖分が入っている炭酸飲料を毎日飲んでいる
  • 汗をかきにくい
  • 体の中が熱い感じがする
  • どこに居ても寒い
  • お腹を触ると冷たい所がある
  • 夏になると肌が荒れる
  • 夏バテ気味である

1つでも当てはまる方は湯船に浸かる方が
良いかもしれませんcoldsweats01


そんなん言われても暑いし無理
すぐ逆上せるし浸かられへん
普通に肩まで浸かるのはしんどい
入浴後の汗が止まらんのが嫌

と言う声が聞こえてきそうですねsweat01


次回は、そんな方の為に

夏場の入浴ポイント

を書いていきますので、お楽しみにhappy01


今日も最後まで読んで頂いて
有り難うございましたconfident




ダイエットについて  顔編② 

こんにちは!

自律神経を整える整体が好評な
大阪狭山市の、ひかり鍼灸整骨院


スタッフの東膳ですhappy01


今回は、顔のダイエット第2弾ですup


6月9日の①から、こんなに経ってしまい
楽しみにしてた方、お待たせしましたm(__)m


前回、顔の弛みは、加齢や脂肪よりも
浮腫みから来る物の方が多いですよー

と、書かせて頂きましたが


今回は浮腫みを改善する為の
家庭で簡単に出来る
栄養管理法とセルフケア方法を

書いていきますwink


まず、浮腫みを効率よく改善させる為には

浮腫みの原因である不純物を

体外に排泄する必要が有ります。

その為に



内臓の消化・吸収・排泄機能
を改善させる

リンパの働きを活性化させる


必要があります。


まずは栄養管理面から
(内臓に病気が無い前提ですが)

夏は冷たい物を摂りたくなりますよね?

実はここに落し穴が…

どこに行っても整った空調
冷たい食べ物や、冷たい飲み物

これが悪いわけではないのですが


摂りすぎは体を冷やし過ぎて
内臓にも不調をきたしますdown


大腸が冷えると栄養のスムーズな吸収が
出来にくくなるだけでなく、
下痢や便秘になりやすくなります。

下痢が続くと、体内の水分量が低下して
お肌のハリが悪くなります。

便秘になると、体内に毒素が溜まってしまい
それが血管から全身に巡り、
浮腫みの原因になりますweep

腎臓が冷えると、
毒素を尿と一緒に排泄する機能が低下して、
浮腫みが引きにくくなります。


対策としては


  • 適度に温かい物を摂取する
  • 水分を常温でのむ

といった方法で体を冷やさないように
心がけてくださいcafe



続いて
リンパの働きを活性化させる方法です。


まず用意してもらう物があります


それは…




輪ゴムです!!


当院の小顔整体では、

内臓矯正や頭蓋骨矯正に加えて


『さとう式リンパケア』

という手法を使っています。


これから紹介する方法は
さとう式リンパケアの理論を用いた物で

以前に『林先生が驚く初耳学』
でも紹介された方法ですtv



方法は超簡単!

輪ゴムの輪の大きさを
軽く耳が引っ張られる程度
に調節して10分程キープする


だけです!!


こうする事でアゴを動かす働きを持つ
咀嚼筋(そしゃくきん)を弛めて

リンパの流れを正常にさせます。


左は悪い例で、耳の形を潰し過ぎなので
自分で行う際の注意点にして下さいdanger


同時に顔から首、肩周りの筋肉を弛めて
老廃物が流れていく道も作ると

効果倍増なんですが、それを文章と写真で
書くと、間違った方法でやってしまって
効果サッパリって事になる可能性が高いので…

あと、効果には個人差がありますdelicious

今日はここまででconfident


まずは取り組んでみて下さいgood


今日も最後まで読んで頂いて
ありがとうございましたdelicious

ダイエットについて  顔編①

こんにちは!


自律神経を整える整体が好評な
大阪狭山市の、ひかり鍼灸整骨院


スタッフの東膳ですhappy01


今回リクエストを頂いてたダイエット第二弾、

ズバリ



『顔』

についてですup


最近,顎のライン無くなってきた…

ほうれい線が前よりクッキリ…

顔が大きくなったような…



と感じた事がある方は

少なくないと思います。


ただ、このように感じる原因が

脂肪や加齢という方は

少ないかもしれませんcoldsweats02


当院にも沢山の方が来られますが

上に挙げた自覚症状が有る方は

脳の疲労や、そこから来る浮腫みが

一番の原因の方が多いです


原因の一部としては

ストレス

睡眠不足

過労

食品に含まれる添加物



等が有り、これらが複合して

負のスパイラルがスタートしてしまうわけです。


体はそんなに太くないけど、

顎や頬の弛みが気になる…


という方は特に、脳の疲労から浮腫み

が起きているかもしれません


『そんなん言うてもどうしたら良いの…?』


と思っている方!!


今まで、自身のケアは
どれくらいしてきましたか?


寝る前の保湿とか、軽いマッサージでは
対処出来ない物は沢山あります!


では、具体的にはどうしたら良いのか


それは次回に書かせて貰いますcatface


こんな方法が?!


と思われるかもしれませんので


どうぞ楽しみにしていて下さいwink



今日も最後まで読んで頂いて

有り難うございましたconfident















男たちの、夜のトレーニング

こんにちは!


自律神経を整える整体が好評な
大阪狭山市の、ひかり鍼灸整骨院


スタッフの東膳ですhappy01


今回のタイトル

ちょっと怪しげでしょ?(笑)


男たちの夜のトレーニング

その実態は…



運動不足で弛んだ体を、引き締める

男たちが、自分を戒める時間ですpunch



10キロのダンベルを使って
ひたすら追いこんだり


厳しめにフォームをチェックしながら
スクワットやランジをしたり


疲れた所にジャンプ系のメニューで
持久力と集中力を鍛えたり…


『グゥ~~!』とか『ヤバい足つる!!』

とか言い合いながら


自分に厳しく人にも厳しく

なかなか楽しい時間でしたup


追い込んだお陰で筋肉痛は完全に

まだ治ってません!!(笑)


でも、この筋肉痛がちょっと
心地よかったりするんですよねnote


これから定期的にやっていこうかって

なってるので、頑張って引き締めていこう

と思いますcoldsweats01


今日も最後まで読んで頂いて

有り難うございましたconfident




まずはお気軽にお問い合わせください。

このページのトップへ