• ひかり鍼灸整骨院の不妊治療
  • アトピー整体
  • 症例集
  • ボディケア教室
  • 小学生の為のトレーニング教室
  • お知らせ
  • ひかりブログ

HOME > ひかりブログ > アーカイブ > 2018年12月

ひかりブログ 2018年12月

コーディネーショントレーニングとは?

おはようございますhappy01

自律神経を整える整体と、ワークアウトで
あなたの健康をサポートします

大阪狭山市の、ひかり鍼灸整骨院ですhappy01


今日は最近色んな所で聞くようになってきた
『コーディネーショントレーニング』

について、書かせて頂きますrock


コーディネーショントレーニングとは
簡単に言うと

『子供の運動神経を良くするトレーニング』

になりますup


運動神経が良い=コーディネーション力が高いという事なんですが
詳しく言うと筋力・柔軟性・持久力・バランス・スピードを
『目の前の状況に合わせてスムーズに調整する』能力の事ですcoldsweats01


毎週土曜日に開催している『小学生の為のトレーニング教室』
でも、多数のメニューに取り入れていますが、
特にサッカースクール等では取り入れてる所が多い様に感じますsoccer


コーディネーション能力は次の7つに分類できます。

識別能力:手足や道具を使う能力

定位能力:人や物と、自分との位置を認識する能力

反応能力:合図に対し、適切に素早く対応する能力

バランス能力:崩れた体制でも、バランスを上手に保てる能力

変換能力:状況の変化に合わせて、素早く動きを切り替える能力

リズム能力:動作のタイミング等を上手く合わせられる能力

連結能力:身体を無駄なくスムーズに動かす能力



スポーツ中は、この要素が入り混じり切り替わって成り立っています。

これらをスムーズに行える選手が『運動神経がいい』となるわけですが
この要素が、コーディネーショントレーニングで鍛える事で
身につけることができますhappy02


今の子供達を見ていると、
自分がやっているスポーツでは好成績でも
違うスポーツになると全然動けない

という子が増えている様に感じますcoldsweats02


これでは、ある一定のレベルに来た時に
ケガが増えたり、伸び悩む可能性がありますwobbly


思い当たる節が有る!!


という方は、当院にご相談
もしくは、こちらにご参加ください

1月5日プロスポーツトレーナーを招待して
トレーニング教室を開催します
http://www.hikari-sayama.jp/news/entry/j/

忙しい時間を調節して頂いてやっと実現した為
次はいつ実現するか分からない貴重な教室です!


毎週土曜日に開催している
『小学生の為のトレーニング教室』はこちらです
http://www.hikari-sayama.jp/body-trunk/


参加希望の方は、
お問い合わせフォーム、もしくは

072-366-0093 ひかり鍼灸整骨院

まで、ご連絡ください
今日も、最後まで読んで頂いて、ありがとうございましたconfident


スポーツに多いケガ テニス編②

こんにちは!

自立神経を整える整体と、ワークアウトで
あなたの健康をサポートいたします

大阪狭山市の、ひかり鍼灸整骨院です

今日は、前回の続きで、

『テニス肘』が再発しやすい原因について書いていきます。

前回のブログはコチラ
http://www.hikari-sayama.jp/blog/entry/post-140/

前回のブログで書いたように

テニス肘を発症している場合のほぼ全てのケースで
肘周辺の筋肉が炎症を起こしていたり、
周囲の関節に歪みが合って筋肉が硬くなっています。


テニス肘の再発を防ぐ為には、このような状態になる原因を
改善する必要がありますが

原因として代表的な物には

  • 筋力不足
  • 動きのズレ

が挙げられます


ではこれを改善していくにはどうしたら良いのか
を、書いていきます。


まずは筋力不足について
筋力不足と言っても、肘周辺の筋力だけではなく
下半身の筋肉や、腹筋、背筋等の体幹の筋力不足が
テニス肘の再発に繋がる事が多いのですが


家でも出来る簡単なもので予防や再発防止の為には、
このような、プランク系のトレーニングがオススメです


注意点としては、
息を止めずにお腹に力が入ってる事を意識する事
肩に力が入らないようにする事

です


次に動きのズレですが、
これは自分の体を動かす意識と実際の動きに
ズレが起こる事でケガの原因になる、というものです。

例えば
自分では腕を180度上げてるつもりでも、
実際には140度までしか上がってない、とか

階段を昇る為に足を上げたつもりが
十分に上がってなくてつまづいた、とか

こういう動きのズレは、『力み』が有ると起こり易くなります

力みにより、動きが硬くなって関節の可動域が狭くなるのですが

ちなみに、可動域が狭くなると言っても
筋肉が固くて可動域が狭くなる場合とは別物です。


解り易くまとめると

筋肉が硬い(可動域が狭い)=体の柔軟性が低い
動きが硬い(動きが小さい)=力が抜けていない


という感じになります。


家でも出来る簡単な予防トレーニングとしては


自分の動きを鏡で見たり、スマホで撮影しながら
修正していくのが簡単です。

鏡の場合は、
まず眼を閉じたまま腕を上げたり膝を曲げたりして

上げた位置でキープして眼を開ける

実際の位置が、自分の意識とどれくらいズレてるのか
をチェックするmobilephone


スマホの場合は、撮影してすぐに確認する
という練習が効果的です


動いてる時の感覚を覚えてる状態で見る方が良いので
動画を確認するのは、なるべく早め、当日中がオススメですdelicious


これらは、当院のパーソナルトレーニングでも取り入れていますhappy02


テニスに限らず、ケガが多い人や、伸び悩んでる人は
一度、試してみて下さいsmile


今日も、最後まで読んで頂いてありがとうございましたconfident




1

« 2018年11月 | メインページ | アーカイブ | 2019年1月 »

まずはお気軽にお問い合わせください。

このページのトップへ