• 自然妊娠率70%以上の実力
  • アトピー整体
  • お客様の声
  • 症例集
  • ボディケア教室
  • 子どもの体幹トレーニング教室
  • お知らせ
  • ひかりブログ

HOME > 症例集 > 副腎疲労

症例集

< 腰痛 内臓由来  |  一覧へ戻る  |  腰痛 神経由来 >

副腎疲労

副腎疲労


副腎はいろいろなホルモンを分泌し、

そのホルモンが身体の各臓器などに

指令を出していきます。


そこが、疲労を起こしてしまうと機能が低下

してしまい倦怠感や、無気力などの症状がでます。


副腎疲労に関係するホルモン


・アドレナリン

・ノルアドレナリン

・コルチゾール



アドレナリン

心臓機能促進  

血糖上昇(肝臓に貯蔵しているグリコーゲンを分解)

血圧・脈拍の亢進といった作用があり

身体の危機などがおこったり、スポーツなどを

しているときに分泌される


ノルアドレナリン

常に、血管や心臓の調節に関わっている物質です。

筋肉や内臓を収縮させる作用がある

意欲や集中力、やる気を高める作用もあります。


コルチゾール

コルチゾールはアドレナリン・ノルアドレナリンと違い

体内に蓄積する為、薬などで使用する場合は十分に

注意しながら使用しないと正常な働きを戻すには

長い期間がかかのです。

不足すると、免疫力が低下や集中力低下

思考力低下・記憶力の低下も起こしやすくなります。



その他にも、副腎にはホルモンがありますが


今回は省略します。



< 腰痛 内臓由来  |  一覧へ戻る  |  腰痛 神経由来 >

まずはお気軽にお問い合わせください。

このページのトップへ