• 自然妊娠率70%以上の実力
  • アトピー整体
  • お客様の声
  • 症例集
  • ボディケア教室
  • 小学生の為のトレーニング教室
  • お知らせ
  • ひかりブログ

HOME > 症例集 > 腰痛 神経由来

症例集

< 副腎疲労  |  一覧へ戻る  |  副腎疲労 症状 >

腰痛 神経由来

神経が関係する腰痛


よくMRIなどで、検査をしてもらい


椎間板ヘルニアなんで腰痛は治らない


と言われる方も少なくありません。


しかしながら、70%以上の方


症状がなくてもMRI上にはヘルニアが


存在しているのです。


逆にいえば、ヘルニアがあっても


痛みとは関係が薄いといえるのです。


では、何故ヘルニアで痛みを感じて


しまうかというと、


約3割の方は、ヘルニアが原因で起きてきます。


その他の7割の方は、筋肉・内臓・神経・脳から


起きてきます。


筋肉・内臓・脳に関しては別のページで説明をしています。


神経の痛みは筋肉・内臓・脳からの影響



からも起きてきますが、このページでは



神経の中枢の保護をしている硬膜という


部分がなんらかの原因で軽い損傷を


してしまうことにより強い痛みを感じて


しまうのです。


この時の痛みは、神経の伸び縮みにより


痛みがでてしまいます。


この硬膜からくる腰痛を改善させるには、


1:脊柱の歪みや姿勢を整え、腰にかかる負担を和らげる


2:内臓の位置を整え、腰や骨盤にかかる負担を和らげる


3:脊柱の柔軟性を高め、自己回復力を最大限発揮させる



といった内容で、あなたの腰痛を改善していきます。


自分はもう腰痛が治らないと諦めている方



一度、当院にご相談ください。


原因を見つけ一緒に腰痛を改善していきましょう。


ひかり鍼灸整骨院

℡:072-366-0093
 







< 副腎疲労  |  一覧へ戻る  |  副腎疲労 症状 >

まずはお気軽にお問い合わせください。

このページのトップへ