• 自然妊娠率70%以上の実力
  • アトピー整体
  • お客様の声
  • 症例集
  • ボディケア教室
  • 子どもの体幹トレーニング教室
  • お知らせ
  • ひかりブログ

HOME > 症例集 > 子宮筋腫

症例集

< 肩こり  |  一覧へ戻る

子宮筋腫

子宮筋腫

子宮筋腫といっても3種類あります。
簡単に説明します。


漿膜下筋腫・・・
 大きくなるまで症状が乏しく、全体の20%を占める。
 腰痛・下腹部痛・頻尿などの圧迫症状がみられる。


粘膜下筋腫・・・
  不正出血や不妊症の原因になります。
  全体の10%と少ないが症状は3つの中で
  一番重い。

  閉経後には収縮していくが、筋腫・子宮が大きく
  なった場合、子宮肉腫(悪性)が疑われるので要注意


筋層内筋腫・・・
  小さいものでは症状がなく、大きくなると
  不正出血や流産・早産の原因になります。
        
  この種類は、3つのなかで一番多く
  全体の70%を占める。


筋腫は子宮頸部にも発生するが、
90%が子宮体にできてしまいます。

成人女性の3人~4人に1人の確率でなっているといわれ

上記の症状のほかに、
貧血や生理痛(月経痛)や便秘など
と言った症状もあります。

< 肩こり  |  一覧へ戻る

まずはお気軽にお問い合わせください。

このページのトップへ